DUNLOP

RACKETS

SRIXON REVO CV 5.0 OS TECHNOLOGY

反発力とホールド感を最適化する「ソニックコア・テクノロジー」

2種類の高反発素材(ウレタン系/シリコン系)からなるソニックコアをフェイス部のフレーム内に装着。 各モデルの特性を活かすために2種類の高反発素材を効果的に組み合わせ、反発力とスピンコントロールのためのホールド感を最適化しました。


●インパクトにおけるソニックコアの働き(イメージ)


※ソニックコアの効果は、当社反発試験と実打計測データに基づくものです。上記の図は当該効果より推測される挙動をデフォルメしたイメージです。

●計測データで実証されたソニックコアの効果

CVシリーズではパワーアップとスピンコントロールの向上を目的に、ソニックコアを採用。前モデル(V3.0)と比べ、ボール速度とスピン量が増加し、テスターとして開発に参加した奈良くるみ選手の要望でもある「スピンのかけやすさ」と「ボールの持ち上がりやすさ」も同時に実現しました。

■奈良くるみ選手のストローク計測データ






オフセンターでもしっかり振り抜ける
「シンクロチャージシステム」

通常のグラファイトの4倍の伸縮性がある高伸縮グラファイトをフレームのキーセクションに応用。オフセンターショットにおける適度なパワーアシストを実現し、ブレや衝撃を軽減するとともに、面安定性と振り抜きを向上しました。


しっかりとした打球感でパワーが活きる
「Vエナジー・シャフト」

シャフト部の側面に溝を設け、インパクト時におけるシャフト部の剛性を最適化。インパクト前半(低荷重域)では、ボールにぐっと喰いつき、インパクト後半(高荷重域)では、強烈なパワーを発揮し、卓越した喰いつきと反発性能を両立しました。


衝撃を熱エネルギーに変換する
「ヒート・コンバート設計」

熱エネルギー変換技術をフレーム設計に応用。インパクト時の衝撃や振動を熱エネルギーに変換し、重量の増加や強度の低下なしに、高い振動吸収性を実現しました。


※特許: 3970865、4041031

ストリングの有効可動範囲を拡大する
「ストレート・ストリング・システム」

ストリングホールの方向性をストリングとストレートになるように設計。オフセンター部分のストリングの有効可動範囲を拡大し、より大きなスイートエリアを実現しました。



優れた反発性と面安定性を同時に実現する
「4パワーセクション」

インパクト時に変形しやすいフェイス部4カ所に、変形に強いパワーセクション形状を採用。面ブレを効果的に抑制し、パワーロスやコントロールミスのない優れた反発性と面安定性を同時に実現しました。



レスポンスの良い快適な打球感を実現する
「HRグロメット」

グロメットの素材に振動吸収材として定評のある「ハイブラー®」を採用。不快なストリングの振動を抑え、レスポンスの良い快適な打球感を実現しました。


※ハイブラー®はクラレ社の登録商標です。 ※特許: 3742904